• 革ジャンライブラリー
  • ライダースレビューの記事はこちら
  • ライダースマッチングサポート
  • インスタグラムも更新中
  • レザーソムリエが語る、レザージャケットの魅力

ハイコスパの革ジャン!ネット販売専門のレザーブランドを調べてみた

スポンサーリンク
D2Cのライダースブランドその他

こんにちは、KENです。

革ジャンが最高にちょうどいい気候になりましたね!
ここ最近は何かに取り憑かれたように、仕事の時も毎日革ジャンを着ています!

さて、今回は今のこのご時世にちなんで『オンラインストア専門の革ジャンブランド』をピックアップしてみたいと思います!

D2Cのライダースブランド

“オンラインストア専門のブランド”
つまり、実店舗を持たずECサイト(通販サイト)のみで販売する、いわゆる“D2C(DtoC)ブランド”というやつです。

D2Cブランドは一般的に、“市場価格よりも低価格で購入できる”という特徴があります。

だったら「ライダースジャケットもD2Cブランドで買えばお得なんじゃないのか!?」

ということで今回は『レザージャケットを販売するD2Cブランド』を調べていきたいと思います!

D2Cのライダースブランド

低価格で革ジャンをゲットしたいという方は必見です!!

革ジャン好きの方からすると「そんなもん興味ねーよ!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、知っておいて損のないブランドだと思うので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

 

スポンサーリンク

D2Cレザーブランドのメリットとデメリット

D2Cのライダースブランド

SNSの普及、更には新型コロナの影響も相まって、アパレル業界においてもここ数年でD2Cブランドは注目を集めています!

まずはD2Cブランドのメリットデメリットについて簡単に説明します。

 

D2Cブランドのメリット

D2Cのライダースブランド

なんと言っても一番のメリットは、“コストパフォーマンスの高さ”です。

D2Cのビジネスモデルの特徴として、実店舗にかかる運営費や販売業者に払う中間マージンなどの余計なコストがかかりません。
そのため消費者である僕たちは、市場で出回っている価格帯の3~5割減の価格で購入することができるというメリットがあります。

 

D2Cブランドのデメリット

D2Cのライダースブランドのデメリット

デメリットとして挙げられるのは“実物が見れない・試着できない”という点です。

ネット通販が盛んになった昨今、ここを懸念する人は少なくなってきたと思います。
とは言え、やはり他のアパレルアイテムに比べると高額なレザージャケットなので、どうしてもここは気になってしまうところです。

ブランドによっては、サイズ交換の際の送料無料化サンプル試着サービスなんかも実施されているようです!

 

それでは早速、僕が調べた中で気になった“レザージャケットを販売するD2Cブランド”4つ紹介したいと思います!

 

LIUGOO(リューグー)

リューグーロゴ

まず1つ目のブランドは、“LIUGOO(リューグー)”

こちらはレザージャケットを専門で販売しているブランドです。

リューグーのレザーライダースジャケット

レザージャケットのデザインはもちろん、革の種類やカラーなども幅広く展開しており、商品のラインナップが非常に多いのが特徴です。
タウンユースからバイカー向けのレザージャケットが販売されているので、2着目、3着目の革ジャンにも良いかもしれませんね!

中でも気になったのは、僕も大好きなディアスキンを使用したレザージャケットも展開しているというところです!
これはちょっと実物を見てみたいところ!

[レザージャケットの価格帯]
約18,000円~100,000円

[販売サイト]
・公式オンラインストア
https://www.liugoo.co.jp/
・楽天市場
・YAHOO!ショップ、etc…

 

神戸パティーナ

神戸パティーナ

続いて2つ目のブランドは“神戸パティーナ”

その名の通り僕の地元でもある神戸を拠点とした、既製品のレザージャケットを販売しているブランドのようです。

神戸パティーナのレザーライダースジャケット

「普段着に適したレザージャケット」をコンセプトに、主にタウンユースに特化したメンズ・レディースのラムレザーを使用したレザーウェアを展開しています。

調べているとどうやら母体の会社は革の問屋をされており、皮革産業に精通した企業さんのようです。
特記すべきはその価格帯!なんと…税込み12,100円から購入できちゃうので驚きです!

もちろんこの価格なので質が高いというわけではないのでしょうが、画像を見る限りでは3~4万円で販売されているセレオリのレザージャケットと比べても遜色ないクオリティかと思います。

[レザージャケットの価格帯]
約12,000円~25,000円

[販売サイト]
・楽天市場
https://www.rakuten.ne.jp/gold/jtptrading/
・YAHOO!ショップ

 

Haruf(ハルフ)

ハルフロゴ

続いて3つ目のブランドは、“Haruf(ハルフ)”

WEBサイトの雰囲気だと「バイカー向けの実用的なライダースブランドかな?」と思っていたのですが、中を見ていると意外とそうでもなく、タウンユース向けのカジュアルなレザージャケットを展開しています!

ハルフのレザーライダースジャケット

馬革や鹿革を使用したものや、ウォッシュ加工を施したものなどバリエーションも豊富に取り揃えています。
しかも!鹿革はリアルマッコイズ別注のルイスレザーでもお馴染み、“(株)藤岡勇吉 製のディアスキン”を使用しているようです!

こちらも実物を見てみたいな…。

[レザージャケットの価格帯]
約29,000円~102,000円

[販売サイト]
・公式オンラインサイト
https://www.haruf-leather.com/
・マガシーク
・楽天市場、etc…

 

iade leather(イアデレザー)

iadeleatherのロゴ

最後にご紹介するブランドは、オトコフクDXではもう常連となっている“iade leather(イアデレザー)”

こちらはオーダーメイドでレザージャケットを販売しているブランドになります。

イアデレザーのレザーライダースジャケット

先日僕もライダースジャケットをオーダーし、絶賛愛用中でございます!

完全受注型の販売モデルなので在庫リスクが少なく、既製品を販売しているブランドよりも更にコストを抑えることができると聞きます。
そのためオーダーメイドなのにも関わらず、リーズナブルで高品質なコスパの高いレザージャケットが購入できるというわけですね!

[レザージャケットの価格帯]
約63,800円~

[販売サイト]
・公式オンラインサイト
https://iade-leather.com/
・インスタグラム、etc…

 

まとめ

ということで今回は、オンラインストアのみで販売している『レザージャケットのD2Cブランド』を調べてみました!

D2Cのライダースブランド

結構いろいろ探してみたんですが、意外とレザージャケットのD2Cブランドを見つけるのは難しものですね!

一店舗だけ運営されているブランドはいつくかありましたが、WEBストアのみで販売されているブランドとなるとそこまで多くはないようですね。

今回ご紹介した4つのブランドの内“iade leather”さんだけは実際に購入したことがあるのですが、他のブランドさんは現物を見たことがありません。
なので、あくまで僕個人の見解になりますのでご了承ください!

3つのブランドさんも、機会があればもう少し深掘りして調査してみたいと思います!

はじめての革ジャンを考えている方はもちろん、2着目、3着目の革ジャンをお考えの方にとっもなかなか興味深いブランド達ではないでしょうか。

ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

それでは本日はこの辺りで。
最後までご覧いただきありがとうございます!

 


 

↓革ジャンに関するご相談はこちらからどうぞ↓

ライダースマッチングサポートはこちら> 「ライダースマッチングサポート」の詳細ページへ

 

↓革ジャン愛好家たちの画像を集めたライブラリー↓

革ジャンライブラリーはこちら> Newコンテンツ「革ジャンライブラリー」はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました