• 革ジャンライブラリー
  • オトコは黙って革ジャン
  • ライダースレビューの記事はこちら
  • ライダースマッチングサポート
  • インスタグラムも更新中
  • レザーソムリエが語る、レザージャケットの魅力

意外と知らない?マルジェラのライダースが人気の理由

スポンサーリンク
メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットの魅力ライダース

こんにちは、KENです。

革ジャン好きなら誰もが一度は袖を通してみたい“名作”と呼ばれる革ジャンがあります。

ルイスレザーのサイクロンとライトニングはもちろん、ショットのワンスターBUCOのJ-100サンローランのダブルライダースなどなど。

そして今回ピックアップするライダースジャケットも、長きに渡って愛され続けている名作の一つ…

『メゾン マルジェラの5ZIPライダースジャケット』です!

メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットの魅力

「なんとなく名前はよく聞くけど、マルジェラのライダースって本当に良いのか?」と思っている革ジャン好きの方も多いのではないでしょうか?
僕もその一人でした(笑)

そんなわけで今回は、このマルジェラの5ZIPライダース(通称:ハの字ライダース)について色々と調べていきたいと思います!

メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットの魅力

今回は実際に僕が所有しているアイテムではないので、レビューではなく“マルジェラのライダースの評判魅力歴代のモデルなんかについても触れていきたいと思います!

マルジェラのライダースが気になる人はもちろん、そうでない人もぜひチェックしてみてください!

 

スポンサーリンク

メゾン マルジェラとは

メゾンマルジェラのロゴ

“Maison Margiela(メゾン マルジェラ)”は、1988年に設立したフランスのファッションブランド。
創立者のマルタン・マルジェラ氏は2008年に引退しており、2014年からジョン・ガリアーノ氏がクリエイティブ・ディレクターに就任しています。

メゾンマルジェラの魅力

ここ数年でメンズ・レディース問わず非常に人気が高まっており、今回ご紹介するライダースジャケットをはじめ、バッグや革小物などのレザーアイテムにも非常に定評があるブランドです。

 

マルジェラの5ZIPライダースジャケット

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)
5ZIP RIDERS JACKET
参考価格:320,000円

1999年にリリースされて以来、マルジェラのアイコニックアイテムの1つとして毎年リリースされている“5ZIPライダースジャケット”

しかし高いですよね…(笑)
ルイスレザーのベジカウもオーダー出来ちゃいますからね!

残念ながら僕は所有しておらず、過去に何度かリユースショップで試着しただけ…
今欲しいシングルライダースNo.1なんですよね!

メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットの魅力

そんなめちゃくちゃ気になっている5ZIP ライダースですが、日本では“ハの字ライダース”の愛称で多くのファッショニスタから支持を得ています。

その名の通りフロントにデザインされた2本のファスナーが、カタカナの「ハ」の字ように見えることからそう呼ばれています。

メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットの魅力

このファスナーデザインがアイコンになっており、その点を除くと非常にシンプルで、スタンダードな形のシングルライダースに仕上がっております。

 

5ZIPライダースの仕様変更と歴史

メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットの魅力

1999年から現在に至るまで人気の衰えないマルジェラのハの字ライダースですが、実は素材やカラー、シルエットなどの仕様変更が繰り返えされています。

例えば、最新(2020-2021 AW)のモデルがこちら。
メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットの魅力
素材には、程よい厚みのある柔らかな“シープスキン”が使用されています。
ここ数年はシルエットもすっきりとしていてモードかつ都会的な印象に仕上がっています。

そしてこちらは2003年SSに発売された初期のモデル。
メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットの魅力
着用画像ではないので分かりにくいですが、最近のモデルとは全然雰囲気が違いますね!

素材にはがっしりとした牛革(カウレザー?)が使用されており、シルエットも身幅広めの着丈短いボックスシルエット。
どこかアメジャンを彷彿とされるデザインですね。

このようにマルジェラ氏が手掛けていた2007年頃までは“無骨さ”を感じさせる雰囲気のライダースジャケットだったようです。

ちなみに過去のモデルにはカウレザーカーフレザーホースハイドディアスキンラムスキンシープスキンなどが使用されていたようです。

 

5ZIPライダースのディテールの変化

メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットの魅力

マルジェラのハの字ライダースは発売から20年以上連続でリリースし続けていく中で、素材やシルエットだけではなくディテールにもいくつかマイナーチェンジが繰り返されています。

まず初期のモデルにはあった、脇下のベンチレーションや内側のビニールタグは現行品にはありません。

メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットの歴史(↑脇下のベンチレーション)

メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットの歴史(↑裏地に付いたビニールタグ)

そして年代によってもう一つの大きなディテールの変化が見受けられます。
それは“ジップ(ファスナー)”

実はこの5ZIPライダースのトレードマークでもある、ジップパーツのメーカーも年代によって違っているのです!

まず初期の頃(1999年)~2005年 AWまでは、“MRS(メラス)ジップ”というイタリアのメーカーのものが採用されていました。

メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットのジップ

通称“デカジップ”と呼ばれており、今ではこのMRS製のファスナーのモデルは珍しくなっています。
存在感のある大振りなファスナートップが印象的ですね。

その後2006年 SS~2014年 AWまでは、日本が誇る“YKK社のジップ”が採用されています。

メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットのジップ

MRSジップに比べ少しコンパクトになり、形もややボテっとした印象になりました。

さらにその後、2015年 SS~2018年 AW(たぶん)までは、スイスの高級ファスナーメーカー“riri社製のジップ”が採用されています。

メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットのジップ

ririジップもハイブランドやドメスティックブランドで多く使用されていた、超有名なファスナーメーカーです。

しかしこれがあまり評判が良くなかったようで、現在はまたYKK社のジップに戻っています

さらにジップだけではなく、年代によって原産国にも違いが見られるようです。

2011年 SSまでがイタリア製になっており、2011年 AWから2013年 SSまでがルーマニア製、さらにそこからイタリア製に戻り、2016年 AWにはインド製になり……と、まぁー色々変わっているみたいです!(笑)

どこが良くてどこが悪いとかはないと思いますが、なんとなくやっぱりイタリア製が良い気はしますね。

 

 5ZIPライダースはなぜ評判が高いのか?

メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットの魅力

最後に「マルジェラの5ZIPライダースの評判が高い理由とは何か!?」について、僕なりに解釈してまとめてみました!
大きく分けてマルジェラのライダースが人気の理由は4つ

①クオリティ

メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットの魅力

まず1つは、これは言わずもがなですが品質が非常に高い
革素材、ファスナーパーツ、加工、etc.やはりどれをとっても非常に高品質で、細部にまでこだわりを感じる作りだと思います。

僕も実際に試着した際、さすがは世界が認めるメゾンブランドといった印象を受けました。

 

②ブランド力

メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットの魅力

そして2つに、“メゾン マルジェラ”というブランドネームが大きく影響していると考えられます!
これはメゾン マルジェラに限ったことではありませんが、少なくともブランド思考の根強い日本人にとっては大きな要因の一つだと思います。

もちろんメゾン マルジェラというブランド自体が非常に素晴らしいという前提の話です。
ここ数年で更にマルジェラの人気に火が付いているため、その定番モデルのライダースジャケットも比例して人気が高まっているものだと考えられます。

 

③時代に合わせたアップデート

メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットの魅力

シーズンごとにディテールを変化させることで、20年以上リリースされている定番モデルなのにも関わらず、ずっと色褪せない魅力があり続けるのだと思います。

さらにシーズンによってディテールが変化することで“希少性”が生まれます。
すると「あのシーズンの物が一番良かった!」などの付加価値が付き、一部のファンやコレクターの心を揺さぶり過去のモデルの人気までもが廃れないのだと思います。

実際、初期頃のモデルだと30万円以上で取り引きされていることも珍しくないようです!
ヴィンテージとはまた違った付加価値が付いているようですね。

 

④上品かつモードな雰囲気

メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットの魅力

これはマルジェラ氏が退いてからのモデルに限りますが、いい意味でライダースジャケットらしくない雰囲気も人気の理由の一つだと思います!

ライダースジャケットというとゴツゴツしていて野暮ったいイメージが先行しがちですが、マルジェラのライダースはモードな雰囲気で合わせることができます。
湾曲するアームのパターンなど、元々テーラリングを得意とするブランドならではの仕上がりなのかもしれません。

 

まとめ

今回は、『Maison Margiela(メゾンマルジェラ)の5ZIPライダース(通称:ハの字ライダース)』についての歴史や魅力について色々と調べてみました!

僕自身は普段あまりメゾンブランドを買うこともないので、マルジェラのライダースについて何となくの知識しか持っていませんでした。
しかしこうやって調べてみると、やっぱり20年以上愛されているアイテムというのは、相応の理由があるということを改めて知らされました!

…そして欲しくなりました(笑)

現行モデルを買うのもいいですが、自分好みのアーカイブモデルを探すのも選択肢としていいのかなと思いました!

今回調べた限りだと、個人的には2011年か2015年頃のモデルが良いなって思っています!
無骨さと上品さの塩梅が絶妙な感じなんですよねー。

メゾンマルジェラのハの字ライダースジャケットの魅力

ブログでもご紹介している通り、今まで何十着もの革ジャンを売り買いしてきました。
そんな革ジャンバカの僕ですが、まだまだ知らないこと、知らない革ジャンは沢山あります。

これからも食わず嫌いせず、幅広く革ジャンについての知識を広げ、皆さんに共有できればと思っております!

それでは今回はこのあたりで。
ありがとうございました!

 


 

↓革ジャンに関するご相談はこちらからどうぞ↓

ライダースマッチングサポートの詳細ページはこちら > 「ライダースマッチングサポート」の詳細ページへ

 

↓色々なライダースをレビューしています、お買い物の参考にしてみてください↓

レザーソムリエが本音で語る、ライダースレビュー > 「ライダースジャケットのレビュー記事」一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました