• レザーソムリエが本音で語る、ライダースをガチレビュー

“UNIQLOのジーンズ”を1年穿き込むとこうなる!

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズの経年変化 ジーンズ

こんにちは、KENです。

5月に入りかなり暖かくなってきましたね。
そんなわけで、久々にライダース以外のネタを書きたいと思います。

今回ピックアップするのアイテムは『UNIQLO(ユニクロ)のセルビッジジーンズ』です!

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ

ファストブランドの中でも一際完成度が高いと言われている“ユニクロのデニム”

口コミや評判などを見てみると、
「この価格でこのクオリティのデニムが買えるなんて!」と評判の高い声がある一方、
「色落ちが微妙」「安っぽい」などと批評的な口コミもありました。

そんな賛否両論あるジーンズですが、経年変化や履き心地など、僕が実際に1年間着用してみて思ったことをがっつりレビューしていきたいと思います!

 

UNIQLOのセルビッジジーンズ

今回レビューするのはこちらのモデル↓

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ

ストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ
¥3,990+税
>商品ページはこちら

ユニクロジーンズコレクションの中でもひと際人気の高い定番モデル、“ストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ”

デニムのステータスとされている“セルビッジデニム”に、ストレッチ性を加え、質と機能性を両立させた一本です。

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ

スリムなシルエットなのに動きやすい点が気に入って、僕も普段はもちろん仕事の時にも頻繁に着用しています。

そんな機能的なジーンズを1年間ガッツリ穿いてみたどう変化するのか見てみましょう。

 

1年間穿いてみたジーンズ

まずは全体の写真。
自分の脚に馴染み、立体的な表情に経年変化してきています。

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズの経年変化

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズの経年変化

ヒゲやハチノスなど、フロント・バックともに画像でも認識できるほど、全体的に色落ちが進んでいますね。

シーズンによって異なりますが、多い時は週に3~4回ほど穿き込んでいました。
ウォッシュは以前このブログでも紹介した、“デニムウォッシュ”で3回くらい手洗いました。
>デニムウォッシュの記事はこちら

 

色落ち・経年変化

色落ちや経年変化の詳細を、部分ごとに紹介していきます。

フロントの色落ち

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズの経年変化

サイズもジャストサイズで穿いているので、良い感じにヒゲのアタリが浮かび上がってきています。うっすらと色落ちしはじめているといった感じでしょうか。
今後の色落ちに期待ですね。

 

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズの経年変化

一番手を触れる箇所である、フロントポケット付近にもほんのり色落ちが見られます。

 

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズの経年変化

着用時はベルトをしているので、ウエスト周りも色落ちが進んでいます。

 

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズの経年変化

一番摩擦が生じる股上部分もいい感じに色落ちしています。
外側に向かってヒゲが伸びていっていますね。

 

膝(ヒザ)の色落ち

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズの経年変化

膝部分にうっすらと色落ちが、そして膝横部分に良い感じにアタリが出てきています。
ただストレッチ素材が入っているからか、ひざ抜けが結構でてきているのが気になります。

 

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズの経年変化

ジーンズの経年変化で僕が一番好きな箇所、膝裏の“ハチノス”
シワが立体的に刻まれ、色落ちも出てきています。

仕事柄、座っている時間が長いためか、フロントよりもバックの方が色落ちが進んでいる気がしますね。

 

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズの経年変化

裾は裾上げ時にシングルステッチになったのでパッカリングはでていません。

いつも悩むのですが…個人的にはデニムはチェーンステッチで穿きたいのですが、ユニクロのジーンズをわざわざ1000円くらい払ってチェーンステッチ仕上げにするのはもったいない気がしてなりません(笑)

※僕も知らなかったのですが、オンラインストアならチェーンステッチでの裾上げが可能なんですって!

ちなみに僕はセルビッジデニムを穿く時、2,3cmロールアップして穿くのが好みです。

 

1年間穿いてみた感想

最後にユニクロのセルビッジジーンズを1年間穿いてみて僕が感じた、良い点と悪い点をまとめてみました!

UNIQLOセルビッジジーンズの良いところ

やはりこのジーンズの魅力の1つは“穿き心地”
スリムですっきりとしたシルエットにも関わらず、ストレッチが効いているため穿き心地がとても良好です。

そしてなんと言っても、一番の魅力は“コストパフォーマンスの高さ”
本格的なセルビッジデニムを使用しておきながらも、3千円台という驚きの販売価格!
(しかも月に1回くらいは2,990円になってる!)

このクオリティでこの値段…
これはユニクロ以外のブランドでは絶対に成しえない企業努力だと思います。

 

UNIQLOセルビッジジーンズのここがイマイチ

ストレッチ性があるので穿きやすい反面、色落ちや経年変化が微妙だなという気がします。
しかしこれはあくまで、本格派のデニムブランドと比較したらという話。

それよりも僕が気になったのは、洗濯後の縮みです。
ストレッチデニムである以上、ある程度の縮みは仕方がないことではありますが、少し伸縮率が高い気がします。
購入当初は良いサイズ感だったのですが、洗濯を繰り返すたびに細くなり、今では結構タイトなシルエットになってしましました。

普段コットン100%のデニムを穿きなれている人にとっては、気になるポイントだと思います。

 

まとめ

ということで今回は、僕が実際に1年間着用した、『UNIQLOのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ』の経年変化や履き心地をレビューしてみました!

個人的な総合評価はこんな感じです!

評価
デザイン★★★☆☆
サイズ感★★★☆☆
着心地★★★★★
素材の質★★★☆☆
経年変化★★★☆☆
コストパフォーマンス★★★★★
総合評価★★★☆☆(3.6)

結果…

「コスパ最強!みんなの味方ジーンズです!

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ

やはりコストパフォーマンスの高さは驚きの一言です!
“セルビッジデニム”をこの値段で買えるなんて、数年前では絶対にありえないことでした!

1年穿いてみた感想ですが、機能性も考慮した素材ということもあり、確かに某有名デニムブランドのジーンズのようにキレイに色落ちをさせるのは少し難しいような気がします!

…が!
これは「1本2万円以上するデニムと比較したら」の話です。
この価格を考えると、充分に経年変化を楽しませてくれる一本だと思います!

“はじめてデニムパンツを一から育ててみたい”という方にもオススメのアイテムです。

 

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズの経年変化

個人的にもさらに穿き込むとどう変化するのかが楽しみなので、今後もガシガシ穿き込んでいきたいと思います!

また1年後に、“2年経過したUNIQLOのセルビッジジーンズ”をピックアップできればと思いますので、乞うご期待ください!

 

最後までご観覧いただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました