• “革ジャンプロデュース企画”始動!
  • 初めて革ジャンを買う人へ
  • 革ジャンライブラリー
  • ライダースレビューの記事はこちら
  • ライダースマッチングサポート
  • インスタグラムも更新中

“長く愛用できる”革ジャンの見つけ方

スポンサーリンク
永く愛用できる革ジャンの条件革ジャンの雑学

こんにちは、KENです。

僕は今までに、安いものも入れると40着を超える革ジャンを購入してきました。

毎回「これが最後!」と言い聞かせて購入するものの、着ていく中で気になる点が出てきてしまい、ついつい他の革ジャンに目移りしてしまう…。

革ジャンを使ったコーディネート

きっとこれは、このブログを見てくださっている多くの方に共感していただけるであろう、革ジャン好きあるあるだと思います(笑)

そこで今回は、今から革ジャンを購入するという方に知っていてほしい『長く愛用できる革ジャンの見つけ方』をご紹介していきたいと思います。

永く愛用できる革ジャンの条件

失敗に失敗を重ねた僕だからこそお伝えできる、革ジャンを買う時の心得みたいなものを3つまとめてみました!

今から革ジャンを買おうとしている方は、ぜひ最後までチェックしてください!

スポンサーリンク

衝動買いは絶対にNG!

永く愛用できる革ジャンの条件

まず絶対にNGなのは、革ジャンを“衝動買い”してしまうこと。

僕の場合、衝動買いで購入した革ジャンほどすぐに手放してしまったものはありません(笑)

永く愛用できる革ジャンの条件

もちろん場合によっては、「衝動買いして良かった」というケースもあるとは思います。
が…僕の場合、割合は極めて少ないです。

“遠方先の古着屋さんで見つけた1点もの”とかであれば話は別ですが…。
今の時代、たいていのお店はECサイトを持っているので、焦って買う必要もなくなってきているのではないでしょうか。

永く愛用できる革ジャンの条件

革ジャンというのは決して安い買い物ではありません。
一度持ち帰ってじっくり吟味した上で購入することが、長く愛用できる革ジャンの前提だと思います。

とは言え、衝動買いする気持ちはめちゃくちゃ共感できますけどね(笑)

 

できる限り現物を試着をする!

永く愛用できる革ジャンの条件

続いての重要ポイントは“現物を試着して購入する”ということ。

これも僕はよくやってしまう失敗なのですが、オンラインで購入する機会が増えたことで、試着をせずに購入するという人が増えていると思います。

永く愛用できる革ジャンの条件

届いた時に「何かイメージと違うなぁ」と思う

せっかくなので着てみる

なんだかしっくりこない

そのまま着なくなる

…というパターンが非常に多いです(笑)

もちろん購入の際は、サイズガイドを穴が開くほど見て購入するのですが、「よし!イメージ通り!」と感じたことはほとんどありません。

D2Cのライダースブランドのデメリット

これはサイズ感素材感の、イメージの相違が原因だと考えられます。

レザージャケットというのは、肩幅、身幅、着丈、袖丈などの基本的な寸法だけでは判断できない、“シルエットのバランス”というものが絶対にあるものです。

オーダーしたiade leatherのライダースジャケットをレビュー

また革ジャンである以上、革の風合いも極めて重要です。
“革の風合いや質感”というのは現物を見てみないと、写真だけでは判断が難しいと思います。
(商品ページの画像は、よく見せているので信用してはいけません!)

ジェームスグロースのライダースジャケットMANILAの着用イメージ

なかなか遠出することが難しいこのご時世ですが、そういった理由からも、交通費を払ってでも現物を見に行くことを個人的にはお勧めします!

とは言っても、フリマサイトなどでの個人売買の場合は試着というのが難しいですよね。
その場合は、店舗や古着屋さんなどで、同じモデル、同じサイズの革ジャンを見つけて試着することで、「イメージと違った」をできる限り回避したいものです。

永く愛用できる革ジャンの条件

 

迷ったら大きい方のサイズを選ぶ!

永く愛用できる革ジャンの条件

実のところ、着用頻度が減ってしまう一番の原因は“サイズ感”です。

どれだけ好みのデザインであっても、どれだけ革の質が良くても、サイズが自分に合っていなければ着る機会はどんどん減ってしまいます。

そんな失敗をしないため、僕なりの持論があります。
それは「迷ったら大きい方のサイズを選ぶ」というものです。

永く愛用できる革ジャンの条件

誤解しないでほしいのは、決して「サイズはワンサイズ上が良い」と言っているわけではありません

もし“どっちのサイズもしっくりきて迷っている”という状況であれば、大きい方のサイズがおすすめという意味です。
つまりどちらのサイズもしっくりきている前提での話です。

beautiful peopleのヴィンテージレザーライダースジャケット

今までの経験上、着用頻度が減ってしまう革ジャンというのは“サイズが小さと感じる”ものでした。

逆に、購入時「若干サイズに余裕があるな」と感じていた革ジャンは、意外と今でも愛用していたりもします。

永く愛用できる革ジャンの条件

若干余裕を感じる革ジャンであれば、着こなし次第でカバーすることができます
(例えば、ニットやパーカを入れて、冬用の革ジャンとして活用するなど)

しかし、Tシャツでもキツいとなれば、それ以上着こなしではどうすることもできません。

スマートなシングルライダース

もちろん、革ジャンというのは「タイトなサイズで着る」というカルチャーもありますし、その着こなし方もとても格好良いと思います。

しかし、“長く着る”という観点から言うと、その選び方では着用しなくなってしまうリスクが高くなってしまいます

悲しかな、加齢的な要因も結構ありますからね…(笑)

永く愛用できる革ジャンの条件

もう一度言いますが、ワンサイズ上を選ぶと言っているわけではありません!
仮に、36サイズと38サイズで迷っていて、「どっちも悪くなぁー」と悩んだ時は、38サイズの方がおススメです!という意味です。

誤解なきようお願いします!

 

まとめ

ということで今回は、『長く愛用できる革ジャンの見つけ方』をテーマに、僕の失敗談から学ぶ、革ジャンを買う時の注意点を3つご紹介しました!

永く愛用できる革ジャンの条件

何度も言うように、革ジャンというのは決して安くない大きな買い物です。
せっかく買うのなら、少しでも長く愛用して自分だけの一着に育てたいですよね!

今回ご紹介したポイントを頭の片隅に置いて、革ジャンを購入する際に少しでも思い出していただけると嬉しいです。

また、過去の記事では“革ジャンを購入する時のコツ”なんかもご紹介しています。

革ジャンを買うときの重要なポイント【革ジャンを買うために必要な「3つの心得」】の記事 >

ぜひこちらも合わせてチェックしてみてください!

今回ご紹介した内容を参考に、長く愛用できる最高の革ジャンが見つかると僕も幸いです!

それでは本日はこの辺りで。
最後までご覧いただきありがとうございます!

 


 

↓革ジャンプロデュース企画 進行中↓

“革ジャンプロデュース企画”始動!> 「革ジャンプロデュース企画」の詳細はこちら

 

↓革ジャンに関するご相談はこちらからどうぞ↓

ライダースマッチングサポートはこちら> 「ライダースマッチングサポート」の詳細ページへ

 

↓革ジャン愛好家たちの画像を集めたライブラリー↓

革ジャンライブラリーはこちら> Newコンテンツ「革ジャンライブラリー」はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました