• 初めて革ジャンを買う人へ
  • 『NO “KAWAJAN” , NO LIFE』プロジェクト
  • 革ジャンライブラリー
  • ライダースレビューの記事はこちら
  • ライダースマッチングサポート
  • インスタグラムも更新中

【革ジャンブランド辞典】 -SAINT LAURENT (サンローラン)編-

スポンサーリンク
SAINT LAURENT(サンローラン)のライダースジャケットについて革ジャンブランド辞典

こんにちは、KENです。

今週は、勝手に毎月恒例にしている【革ジャンブランド辞典】をお届けしたいと思います。

今回ピックアップするブランドはSAINT LAURENT (サンローラン)』です!

SAINT LAURENT(サンローラン)のライダースジャケットについて

革ジャン好きの方からすると「そっち行く?」と思われるブランドかもしれませんが…(笑)

しかし!
この革ジャンブランド辞典では、国内外問わずなるべく幅広いブランドをピックアップして、革ジャンの知見を一緒に広げていきたいなと思っています!

そんなわけで、名前を聞くだけで背筋が伸びるような『サンローランの革ジャン』について調べていきたいと思います!

SAINT LAURENT(サンローラン)のライダースジャケットについて

「名前は知っているけどサンローランの革ジャンってどうなの?」
「どうしてサンローランの革ジャンはあんなに高いの?」
などなど、気になる疑問についても調査していきたいと思います!

ぜひ最後までチェックしてみてください!

スポンサーリンク

SAINT LAURENT (サンローラン)とは

SAINT LAURENT(サンローラン)のライダースジャケットについて

SAINT LAURENT / サンローラン(※旧イヴ・サンローラン)は、1961年に“ムッシュ イヴ・サンローラン”が創立した、フランスのラグジュアリーブランド。
クラシカルなジャケットスタイルやラグジュアリーなドレスアイテムを得意とする、世界的なブランドとして君臨しています。

ちなみに“イヴ・サンローラン”というブランド名は、現在コスメラインとして使用されています。

SAINT LAURENT(サンローラン)のライダースジャケットについて(2015-16 AWコレクション)

僕自身、全くと言っていいほどハイブランドのアパレルには縁がなかったので、サンローランのアーカイブに詳しいというわけではありません。

それでもサンローランのコレクションを見ると、確立された独自の世界観を持ち、ラグジュアリーブランドを引率する世界的なブランドであるということは一目瞭然です。

 

サンローランとライダースジャケット

SAINT LAURENT(サンローラン)のライダースジャケットについて

まずサンローランの革ジャンを語る上では、“エディ・スリマン”という人物の存在を知っておかなければいけません!

SAINT LAURENT(サンローラン)のライダースジャケットを作ったエディ・スリマン(エディ・スリマン)

“エディ・スリマン”とは、フランス出身のファッションデザイナーです。

経歴を簡単にまとめると…

1997年~2000年
イヴ・サンローランのディレクターに就任

2000年~2007年
ディオール・オムのディレクターに就任

2012年~2016年
サン・ローランのクリエイティブディレクターに就任

2019年~
セリーヌのチーフデザイナーに就任

なんとまぁ、ハイブランドにそこまで詳しくない僕でも唸るような、名だたるブランドを渡り歩く世界的なファッションデザイナーなのです!

そしてこのエディ・スリマンこそが、サンローランの“名作”レザージャケットを生み出した張本人なのです。

SAINT LAURENT(サンローラン)のライダースジャケットを作ったエディ・スリマン

サンローランが現在の定番レザージャケットを発表したのは、2013年SSのコレクション
これはエディ・スリマンがサンローランのディレクターとして、2度目に就任した際の最初のメンズコレクションになります。

SAINT LAURENT(サンローラン)のライダースジャケットについて

「少年性」と「ロック」をテーマにしたエディ・スリマンの作品の中には、今までのイヴ・サンローランが展開してこなかったような、バイカージャケット(ライダースジャケット)が含まれていました。

ラグジュアリーブランド路線のイヴ・サンローランとしては、当時バイカージャケットを展開することに対して抵抗があったそうです。

SAINT LAURENT(サンローラン)のライダースジャケットについて

しかし、“エディ・スリマン”が提案するバイカージャケットは従来のイメージを大きく覆すものでした。
それはモードで気品を感じる、ラグジュアリーなダブルライダースジャケット
コレクションショーでも、タイドアップしたドレススタイルにライダースジャケットを合わせていたのだとか。

今までのイメージとは一線を画したエレガントなライダースジャケットは、瞬く間に世界中から注目を集めることになりました。

SAINT LAURENT(サンローラン)のライダースジャケットについて

そこから20年近く経ち、デザイナーが代わった現在でもサンローランのライダースは、“ブランドのアイコニックモデル”として多くのファッショニスタやセレブから愛され続けています。

 

サンローランの人気モデル

SAINT LAURENT(サンローラン)のライダースジャケットについて

そんな名作中の名作と呼ばれている、サンローランのライダースジャケットを見ていきたいと思います。

サンローランの中で、人気の革ジャンといったらやはりこの2型。

SAINT LAURENT (サンローラン) L01 MOTORCYCLE JACKET (モーターサイクルジャケット) クラシック モーターサイクル ジャケット
~約
550,000円

Saint LAURENT/サンローラン_men/キース レーサー ジャケットキース レーサー ジャケット
~約
500,000円

サンローランというブランドに詳しくない方でも、雑誌やSNSなどで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

そんな2大人気モデルの秘密を探っていきたいと思います!

モーターサイクル ジャケット

SAINT LAURENT (サンローラン) L01 MOTORCYCLE JACKET (モーターサイクルジャケット)

まずはサンローランのアイコニックアイテムの1つでもある“モーターサイクルジャケット”
2013年春夏コレクションで発表されて以来、世界中のファッショニスタから愛されているモデルです。

SAINT LAURENT (サンローラン) L01 MOTORCYCLE JACKET (モーターサイクルジャケット) を着用する木村拓哉さん

日本でも木村拓哉さんなど多くの著名人が愛用していることで知られています!

エポーレットやウエスト部分にベルトループなどが配置されているところを見ると、アメジャンをベースに制作されたダブルライダースジャケットとなっているようです。

vansonの着用イメージ(一般的なアメジャン)

通常、アメジャンのライダースはカジュアルな印象が強くなりがちです。
しかしそこはさすがサンローラン。
絶妙なシルエット計算されたパターンメイキング、さらにはファスナーなどのディテールで上品さを演出しています。

SAINT LAURENT (サンローラン) L01 MOTORCYCLE JACKET (モーターサイクルジャケット)

まさに“ラグジュアリーライダースジャケット”のパイオニアとも呼べる逸品だと思います。

使用されている革についてですが、僕が調べた限りでは薄くてしなやかな最高級のラムスキンを採用しているとのこと。

SAINT LAURENT (サンローラン) L01 MOTORCYCLE JACKET (モーターサイクルジャケット)

しかしまぁー高い!
最高級のレザーを使用しているのである程度は許容できますが…にしても高額ですよね。
それでも毎シーズン飛ぶように売れているというのだからほんとに凄い!

レーサー ジャケット

Saint LAURENT/サンローラン_men/キース レーサー ジャケット

こちらも定番モデルとして支持を集める“レーサー ジャケット”
いわゆるシングルライダースタイプになります。
こちらは2013年AWコレクションにて発表されたモデルのようです。

ブランド創業者の“ムッシュ イヴ・サンローラン”と親交のあった、キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ)が愛用していたことから、通称“キースレザージャケット”とも呼ばれています。

Saint LAURENT/サンローラン_men/キース レーサー ジャケット

無駄な装飾を排除し、“ミニマムなレザージャケット”と呼ぶにふさわしい一着に仕上がっています。

シンプルだからこそ際立つ、洗練された美しいシルエット。
そしてアクセントをプラスする、存在感のあるファスナーパーツ。
その1つ1つが緻密に計算されており、レザージャケットの1つの完成形と言っても過言ではないでしょう。

Saint LAURENT/サンローラン_men/キース レーサー ジャケット

ダブルライダースとはまた異なる、スタイリッシュで気品を醸し出す逸品です。

 

サンローランの革ジャンはどんな人におすすめ?

SAINT LAURENT(サンローラン)のライダースジャケットについて

サンローランのレザージャケットは、どういった人におすすめなのでしょうか。

まず大前提として、1着のレザージャケットに50万以上の予算をかけれる人ですね(笑)

そして前述している通り、やはりサンローランのライダースの魅力は“男臭くハードな中にも、ハイブランドらしいエレガントな雰囲気が宿っている”という点です。

インポートのファッションが好きという方や、ファッショナブルにレザージャケットを着こなしたいという方におすすめできるブランドだと思います。

SAINT LAURENT(サンローラン)のライダースジャケットについて

逆に言えば、「ガンガン着込んで経年変化を楽しみたい」という方には、この予算があれば別の選択肢もあるのかなという印象はあります。

また、ライダースジャケット本来の用途である“バイク乗り用のジャケット”としては不向きなのかもしれませんね…。
何より高額な一着なので、転倒した時の心のダメージは計り知れないでしょう(笑)

SAINT LAURENT(サンローラン)のライダースジャケットについて

どちらかと言うと、上品にドレスアップして着こなしたいという方におすすめしたい、タウンユースに超特化したライダースジャケットだと言える一着ではないでしょうか。

 

まとめ

ということで今回は、毎月恒例にしている「革ジャンブランド辞典」として『サンローラン・パリ』の革ジャンをピックアップしてみました。

SAINT LAURENT(サンローラン)のライダースジャケットについて

僕自身は今まで、ハイブランドのレザージャケットの購入を検討したことはありませんでした。
しかし、今回サンローランの革ジャンについて調べたことで、世界中から支持されている理由が少し分かったような気がします。

サンローランの革ジャンは、革ジャンの持つ「ハードさ」と、ハイブランドならではの「モードな魅力」を兼備した逸品。
レザーウェアブランドやドメスティックブランドが展開するものとは、また異なるオーラを放つライダースジャケットだと感じました。

これだけ世界的から支持されているレザージャケットとなると、やはり革ジャン好きとしては一度は所有してみたいという欲はでてきますね!
いつかは手に入れたい一着です。

この記事を読んでいる、サンローランの革ジャンを所有されている方がいましたら、情報をいただけると嬉しいです!

それでは本日はこのあたりで。
最後までご覧いただきありがとうございます!

 


 

↓革ジャン好きの“輪”を広げるプロジェクト↓

『NO “KAWAJAN” , NO LIFE』プロジェクト> 「NO “KAWAJAN” NO LIFE」の詳細ページへ

 

↓革ジャンに関するご相談はこちらからどうぞ↓

ライダースマッチングサポートはこちら> 「ライダースマッチングサポート」の詳細ページへ

 

↓革ジャン愛好家たちの画像を集めたライブラリー↓

革ジャンライブラリーはこちら> Newコンテンツ「革ジャンライブラリー」はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました