• “革ジャンプロデュース企画”始動!
  • 初めて革ジャンを買う人へ
  • 革ジャンライブラリー
  • ライダースレビューの記事はこちら
  • ライダースマッチングサポート
  • インスタグラムも更新中

革ジャンの“袖丈の長さ”でどこまで印象が変わるのか検証してみた

スポンサーリンク
革ジャンの雑学

こんにちは、KENです。

インスタを見ていると、革ジャン仲間の方たちが続々と格好いい革ジャンを新調されているようです。
あぁ…物欲が……。

さて!
今週のテーマは『革ジャンの“袖丈”』です。

A LEATHERのDrizzler Jacket(ドリズラージャケット)の着用イメージ

革ジャンを選ぶ上で、とても重要な“サイズ感”
中でも着用時の印象を大きく左右させるのは、“着丈”と言っても過言ではありません。

では“袖丈”はどうなのか?
着丈のように袖丈も長さが変わると、その印象がガラッと変わるのでしょうか?

今回は袖丈の異る4着の革ジャンを用意し「袖丈が変わると どのように印象が変わるのか?」を検証してみたいと思います!

革ジャンの“袖丈”について

秋に向けて今の時期から革ジャンの購入を検討する方も多いと思います。
意外と意識をしていなかった“袖丈”への考え方が変わるかもしれませんよ!

袖丈だけにフォーカスしためちゃくちゃニッチな内容です(笑)
ぜひ最後までチェックしてみてください!

スポンサーリンク

革ジャンの袖丈

革ジャンの“袖丈”について

革ジャンの“袖丈”とは、その名取の通り袖部分の長さを指します。
測定位置としては、肩の付け根から袖口までです。

革ジャンの“袖丈”について

サイズにもよりますが、一般的にはおおよそ60〜68cmくらい。
ライダースジャケットの場合、着丈の長さとほぼイコールに設定していることが多いのではないでしょうか。

ちなみに、僕の体型だと大体61〜63cmくらいを目安にしています。

アディクトクローズAD-03のサイズ感

 

袖丈の長さで印象は変わる?

革ジャンの“袖丈”について

そんな革ジャンの袖丈問題ですが、果たして丈の長さが変わると全体的な印象も変わるのでしょうか?

実際に革ジャンを購入する際、“着丈”を意識される方は非常に多いと思います。
以前 着丈について書いた記事でも、多くの反響をいただきました。

「あなたにベストな革ジャンの着丈」を導き出す計算式を作りました>>[あなたに適正な着丈の長さ導きます!]

一方、“袖丈”はどうでしょう。

さすがに「袖丈なんてどうでもいい」と考えている人はいないとは思います。
しかし、「着丈ほど気にしていない」という人も案外多いのではないでしょうか。

そこで!
実際に袖丈の長さが異る革ジャンを着比べて、検証していきたいと思います!

 

袖丈の異る革ジャンで比較

革ジャンの“袖丈”について

今回用意したのは、袖丈の長さが異るダブルライダース4着。

それぞれの着用した画像を比較して、その印象の違いを見ていきたいと思います。

ちなみに…
実際に測ってみたのですが、僕の腕の長さは大体75cm(肩〜指先)でした。

袖丈が短い革ジャン

革ジャンの“袖丈”について

まずは、袖丈が“やや短い”と感じる革ジャンを見ていただきたいと思います。

まずは袖丈は60cmの革ジャン。
着用するとこんな感じ。

革ジャンの“袖丈”について

個人的には「ちょっと短いかな」と思う丈感の一着です。

おそらく所有している革ジャンの中でも、一番袖丈が短いものになります。

ジェームスグロースのニューマニラ(ホースレザー)を買ってみた

ただ袖元にシワが余らず、すっきりとした印象に映るかと思います。
あと、時計やブレスレットなどのアクセサリーが際立つというメリットもあります。

袖丈がジャストな革ジャン

革ジャンの“袖丈”について

続いて見ていただくのは、個人的には袖丈が“丁度いい”と感じる革ジャン。
袖丈は62cmです。

着用するとこんな感じです。

革ジャンの“袖丈”について

こにらはサイズオーダーした一着なので、全体的に自分の体型に適合しているサイズ感になります。
短すぎず長すぎず、バランス良く見える丈感ではないでしょうか。

タウンユースとして選ぶのであれば、これくらいの見え感が一番スタンダードかなと思います。

袖丈が少し長い革ジャン

革ジャンの“袖丈”について

3つ目に見ていただくのは、袖丈が“やや長い”と感じる革ジャン。
袖丈は63cmです。

着用するとこんな感じです。

革ジャンの“袖丈”について

バイクに乗る方にとってはこれくらい長さがあった方が、防寒性には優れていると思います。
ライダースジャケットという点においては、これがスタンダードな丈感になるのかもしれません。

見え感的にも「長すぎる」とまではいかないので全然許容範囲かと思います!

袖丈が長い革ジャン

革ジャンの“袖丈”について

最後に見ていただくのは、袖丈が“長い”と感じる革ジャン。
袖丈は65cmです。

着用するとこんな感じです。

革ジャンの“袖丈”について

個人的にはちょっと長すぎるかなという印象。
僕はこの丈感で着用することはないかと思います。
(※ちなみにこちらは、以前サンプル品をお借りしたものです。)

ただファッションのテイストによっては、こういう着こなし方もありなのかもしれませんね。
また袖丈を長く設けることで、腕を長く見せるという効果も期待できそうです。

革ジャンの“袖丈”について(参考イメージ:ユリウスのレザージャケット)

どちらにせよ僕の体型で考えると、“スタンダードな着こなし”からは少し外れている丈感にはなります。

 

ベストな袖丈は?

革ジャンの“袖丈”について

革ジャンの“ベストな袖丈”というは、どれくらいになるのでしょうか。

上記の検証から言うと、②or③がベストではないかと思います。
もちろん着こなしの好みや用途によっても、ベストと感じる丈感は異なるので一概には言えませんが…

ミズノのストロングオイルを革ジャンに使ってみた

前述したように、ライダースジャケット本来の用途を考えるの長めの方が良いですし、タウンユースとして着用するのであればジャスト丈。
キレイめスタイルで合わせたい場合は、やや短くても良いのかもしれません。

 

袖丈を決めるときの注意点

革ジャンの“袖丈”について

最後に、革ジャンの“袖丈”を決める際の注意点を2つお伝えしたいと思います。

まず1つ目は、“袖丈”の実寸だけでなく“肩幅”も気をつけないといけないという点です。

革ジャンの“袖丈”について

肩が落ちていればその分袖のスタート位置が変わるので、実寸よりも長く見えるのです。

そのため、袖丈の実寸だけで判断するのではなく、肩幅によっても見え感が変わるということも頭に入れておかなければいけません。

そして2つ目は、新品購入時はほんの少しだけ長めに設定するという点です。

革を選ぶ際の基準

革ジャンは着込むことで腕にシワができるので、購入した時よりも実際は0.5cm〜1.0cmほど上がってきます。
(革の種類にもよるので一概には断言できません)

ルードギャラリーブラックレベルのライダースジャケットの経年変化

ラムやディアなどの柔らかくシワがつきにく革であれば、そこまで上がって見えることがないと思います。

しっかりシワが記憶される革(タンニン鞣しの牛革など)であれば、0.5〜1.0cm上がる前提で選ぶ必要があるということです。

 

まとめ

革ジャンの“袖丈”について

ということで今回は、『革ジャンの袖丈』をテーマに、「袖丈が変わるとどれだけ印象が変わるのか」を検証してみました。

同じサイズ感でも、着丈や身幅に比べ、後回しにしてしまいがちな“袖丈”。
確かに面積的にも着丈より目立ちにくいため、おろそかになりがちなポイントではあります。

A LEATHERのDrizzler Jacket(ドリズラージャケット)の着用イメージ

しかし着丈と同様に、長さが1cm異るだけでも全体的な見え方が変わるため、とても重要なディテールの1つとして考えても良いのではないでしょうか。

新しく革ジャンを購入する、もしくはオーダーするという方は、ぜひ気にかけてあげてみてください。

それでは本日はこのあたりで。
最後までご覧いただきありがとうございます!

 


 

↓革ジャンプロデュース企画 進行中↓

“革ジャンプロデュース企画”始動!> 「革ジャンプロデュース企画」の詳細はこちら

 

↓革ジャンに関するご相談はこちらからどうぞ↓

ライダースマッチングサポートはこちら> 「ライダースマッチングサポート」の詳細ページへ

 

↓革ジャン愛好家たちの画像を集めたライブラリー↓

革ジャンライブラリーはこちら> Newコンテンツ「革ジャンライブラリー」はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました