• 革ジャンライブラリー
  • ライダースレビューの記事はこちら
  • ライダースマッチングサポート
  • インスタグラムも更新中
  • レザーソムリエが語る、レザージャケットの魅力

不朽の名作!アンダーカバーのライダースを斬る!

スポンサーリンク
UNDERCOVER(アンダーカバー)ライダースジャケット UCA4201ライダース

こんにちは、KENです。

さて、今回レビューするのは『UNDERCOVER(アンダーカバー)のライダース』です!

アンダーカバーというと、ライダースジャケットには定評があり、いくつものライダースをリリースしています!

中でも人気の高いモデルはこの2つ!

UNDERCOVER(アンダーカバー)ライダースジャケット UCA4201【ダブルライダースジャケット】
ルイスレザーをオマージュしてデザインされたライダース。
アンダーカバーのライダースを代表する名作で、毎年リリースされている定番モデルです。

UNDERCOVER(アンダーカバー)ダブルジップライダースジャケット【ダブルジップライダースジャケット】
2本のジップラインが特徴のライダースジャケット。
レディオヘッドのトム・ヨークが愛用していることでも有名です。

どちらも長年にわたりリリースされているロングセラーモデルになります!

そして今回レビューするのは1つ目のダブルライダースジャケット

UNDERCOVER(アンダーカバー)ライダースジャケット UCA4201

実際に2016年のモデルを所有しているので、買ってみた感想や着てみた印象をレビューしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

UNDERCOVER(アンダーカバー)とは

UNDERCOVER(アンダーカバー)UNDERCOVER(アンダーカバー)は1990年に設立された日本のファッションブランド。
デザイナーは高橋盾。
2003年春夏よりパリ・コレクションにデビューを果たした、日本を代表するブランドの1つです。

また、アンダーカバーはカルト的なファンが多く、限定アイテムなど入手困難なアイテムにはプレミア価値が付くことも珍しくありませんでした。

全盛期に比べると落ち着いた感じはありますが、今でも根強いファンを持つ人気のブランドです。

> アンダーカバーの公式ページ

 

ライダースジャケット UCA4201

アンダーカバーのライダースジャケット

今回ピックアップするのは、アンダーカバーの定番モデル【レザーライダースジャケット“UCA4201”】
僕が所有しているのは2016年に発売されたモデルになります。
価格は15万程です。

毎年リリースされているのですが、デザインはそのままで、品番が少し変わってリリースされているようです。

僕の把握している限り見た目は同じデザインでも、UCA4201を筆頭にUCQ9212UCQ4212B4210G9202、etc…と、いくつもの品番に分かれています。
おそらく革の質感や仕様が微妙に変化しているのだと思います。

そして中でも、ファンの間では2008年に発売されたモデル(B4210の評判が高く、一番革のクオリティが良いと言われています。

10年以上も前のモデルにも関わらず、実際に今でも高額で取引されています。

 

ライダースのディテール

UNDERCOVER(アンダーカバー)ライダースジャケット UCA4201

アンダーカバーのライダースジャケットのディテールを紹介していきたいと思います!

まずデザインはルイスレザーのライトニングをオマージュした、オーセンティックなダブルライダース仕様となっています。
4つのボールチェーンポケットと、左右にウエストベルトが2つずつ付いています。

革ジャンを使ったコーディネート(↑原型となったルイスレザーのライトニング)

デザイナーのジョニオさんもルイスレザー愛好家の一人として知られています。

UNDERCOVER(アンダーカバー)ライダースジャケット UCA4201のディテール

胸元にはルイスレザーのオーバルパッチを剥がしたような縫い目の跡と、そこにプリントされた文字が印象的です。
アンダーカバーらしい遊び心を感じさせるデザインとなっています。

UNDERCOVER(アンダーカバー)ライダースジャケット UCA4201

背面は広い面積で裁断された2枚革仕様。
贅沢な作りになっています。

UNDERCOVER(アンダーカバー)ライダースジャケット UCA4201の裏地

ワインレッドが印象的なライナー(裏地)ですが、身頃部分はコットン100%、袖部分はキュプラ100%を仕様になっています。

コットン素材の身頃のライナー部分に、毛玉ができやすいのが少し気になりますね。

UNDERCOVER(アンダーカバー)ライダースジャケット UCA4201のディテール

さて!気になる革の質ですが…
使用しているのは光沢感のあるカウレザー(牛革)。
おそらくフルクロム鞣しでしょう。

カウレザーというと硬くて重厚感のあるイメージですが、こちらはかなり柔らかい肌触りになっています…というか柔らかすぎます!ハリが無い

UNDERCOVER(アンダーカバー)ライダースジャケット UCA4201のディテール

ご覧の通り、腕のシワもふにゃっとしてしまい、ライダースを育てる楽しみも半減…。
なんとも心もとないというか、安っぽい羊革のような質感です。
これは本当に残念です。

UNDERCOVER(アンダーカバー)ライダースジャケット UCA4201のディテール

…と、思いきや部分的にはハリのあるいい質感の場所もあります。
どうやら1着のライダースの中にも、革の質にムラがめちゃくちゃあるようですね。

うーん、どうしたものか。。。

 

ライダースの着用イメージ・サイズ感

実際に着用したサイズ感がこんなかんじです。
(170cm / 60kgでサイズ1を着用)

UNDERCOVER(アンダーカバー)ライダースジャケット UCA4201の着用イメージ

革の質の悪さとは裏腹に、着用した感じがめっちゃ良いんですよ…コレ(笑)

まず革が柔らかい分、着心地が楽なんです。(当たり前だけど)
そしてシルエットなんですが、全体的にサイズのバランスが良い!!

UNDERCOVER(アンダーカバー)ライダースジャケット UCA4201の着用イメージ

アームの太さなんかも、細過ぎず太過ぎずちょうど良いです。
ルイスレザーを上手くアレンジしたシルエットって感じですね。

UNDERCOVER(アンダーカバー)ライダースジャケット UCA4201の着用イメージ

すっきりとしたミニマルなバックスタイル。
着丈のバランスも好みの長さです。

UNDERCOVER(アンダーカバー)ライダースジャケット UCA4201の着用イメージ

閉めて着るとこんな感じ。
革が柔らかいので動きやすく、シルエットもいい感じです。

しかし、閉めたときに左右で革の質感の差が目立ってしまいますね。

 

まとめ

ということで今回は、『アンダーカバーの定番ライダースジャケットUCA4201”』をレビューしてみました!

個人的な総合評価はこんな感じです!

評価
デザイン★★★★★
サイズ感★★★★☆
着心地★★★★☆
素材の質★★☆☆☆
経年変化★★☆☆☆
コストパフォーマンス★☆☆☆☆
総合評価★★★☆☆(3.0)

 

結果…
「罪なライダースジャケット」です。

ぶっちゃげあんまりオススメしません。

その理由はやっぱり革の質

1着ライダースの中でも、パターンの個所によって革の質が全然違います
これは革製品全般に言えることですが、このライダースは特に酷いです。

また、同じモデルでも革の質に個体差がかなりあるようです。
なので購入するときはちゃんと店頭で、在庫全てを出してもらって、しっかり比較して買うことを強くすすめます!(笑)

僕が購入したのはハズレ革だったのかもしれませんが、これでも名作か!?と驚いてしまうほどのクオリティです。
正直これで15万は高いですね…コスパが悪すぎると思います。
15万あったらもっと上質なライダースが買えますよ!

しかし!
そう思いつつも、デザインや着た感じのバランスがなんとも絶妙なんですよ!
なので手放せずにいます。
なんとも憎めない、罪なライダースです(笑)

UNDERCOVER(アンダーカバー)ライダースジャケット UCA4201

今回紹介したのは2016年制のモデルだったので、もしかするとこれは2016年製のモデルに限ったことなのかもしれません!

でももし今アンダーカバーのライダースを買おうかと考えている人は、くれぐれも注意して下さいね!!

「買うのなら、ちゃんと実物を見て店頭で買う!」…これを意識してください!

それでは本日はこの辺りで。
最後までご覧いただきありがとうございます!

 


 

↓革ジャンに関するご相談はこちらからどうぞ↓

ライダースマッチングサポートはこちら> 「ライダースマッチングサポート」の詳細ページへ

 

↓革ジャン愛好家たちの画像を集めたライブラリー↓

革ジャンライブラリーはこちら> Newコンテンツ「革ジャンライブラリー」はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました